蚤の市(読み)ノミノイチ

デジタル大辞泉の解説

のみ‐の‐いち【×蚤の市】

《〈フランス〉marché aux puces》パリの北隅、クリニャンクール門から北へサントゥアン門までの路上に、毎週土・日・月曜日に立つ古物の露店市。転じて、一般に古物市をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

蚤の市【のみのいち】

パリのモンマルトル地区北部,ポルト・ド・クリニャンクールにある中古品の市。土〜月曜日に開催。古くから各地の市門のたもとで開かれていた市の名残りで,ノミがわくような古物を売るところから,19世紀末ごろからこの名があるという。同様のものは各国にみられる。
→関連項目フリーマーケット

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のみのいち【蚤の市】

古道具や古着を売る露天市。フランス語marché aux pucesの訳語で,一般にはパリのポルト・ド・クリニャンクールPorte de Clignancourtで毎週土~月曜に開かれるものが知られているが,古くは多くの市門のたもとで市が開かれ,現在もクリニャンクールのほかポルト・ド・サントゥアンPorte de Saint‐Ouen,ポルト・デ・リラPorte des Lillasなどの市がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

のみのいち【蚤の市】

毎週数回、パリ郊外ラ-ポルト-ド-サン-クリニャンクールで、道の両側に立つ中古品の露店市。転じて、一般に古物市のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蚤の市の関連情報