古荘嘉門(読み)ふるしょう かもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古荘嘉門 ふるしょう-かもん

1840-1915 明治時代の官僚,政治家。
天保(てんぽう)11年12月1日生まれ。明治11年大阪上等裁判所判事。のち郷里熊本へかえり,14年紫溟(しめい)会を組織し,民権論に対抗して国権主義をとなえた。23年熊本国権党総理となり衆議院議員(当選5回)。群馬県,三重県の知事をつとめ,38年貴族院議員。大正4年5月11日死去。76歳。号は火海。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android