助音(読み)じょいん

精選版 日本国語大辞典「助音」の解説

じょ‐いん【助音】

〘名〙 (「いん」は「音」の漢音) 声明(しょうみょう)雅楽・読経などで主奏者のあとに付いて同じ楽器を奏する者。また、主唱者の独唱のあと、主唱者の声を助けてうたう者。その演奏をもいう。
※兵範記‐長承元年(1132)一一月二一日「頭弁被之〈嘉辰令月〉大夫以下助音」

じょ‐おん【助音】

〘名〙
① =じょいん(助音)〔書言字考節用集(1717)〕
② 口添えをすること。助言。
③ 文章の音調を整え助ける文字。
※読本・春雨物語(1808)海賊「汝が名、以一貫之と云ふ語をとりたる者とはしらる。さらば、つらぬきとよむべけれ。之は助音、之にはある事無し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「助音」の解説

じょ‐おん【助音】

朗詠などで、歌う人を助けて、声を添えて歌うこと。雅楽などで、奏する人を助けて、あとについて同じ楽器を奏すること。また、その歌う人や奏する人。じょいん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android