只管打坐/祗管打坐(読み)シカンタザ

デジタル大辞泉の解説

しかん‐たざ〔シクワン‐〕【×只管×坐/×祗管×坐】

ただひたすら座禅すること。特に曹洞宗でいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の只管打坐/祗管打坐の言及

【正法眼蔵】より

…道元は100巻編述の意図をもっていたらしいが未完に終わった。本書には只管打坐(しかんたざ)(ひたすら座禅すること),本証妙修(本来悟っているものの座禅),修証一等(修行と悟りを区別しないこと),行持道環(修行者と仏とが座禅を通じて一体となること)などといわれる道元禅の真髄があますところなく語り尽くされている。道元は仏教における派閥化や女性差別に徹底して反対した。…

※「只管打坐/祗管打坐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android