召(し)物(読み)メシモノ

精選版 日本国語大辞典の解説

めし‐もの【召物】

〘名〙
① 貴人、目上の人などの飲食物、衣服、履物などの敬称。身分の高い人の用いるもの。召料
※宇治拾遺(1221頃)七「めし物は、ここにて参らすべき也とて、夫どもやりなどして、水くませ、食物しいだしたれば」
② 朝廷また荘園領主などが、支配する土地から徴収する生産物やその代価。
※兵範記‐仁安三年(1168)一〇月七日「諸国召物多未済、毎事不成寄」
※御堂関白記‐寛弘七年(1010)閏二月二〇日「直物、次有召物、又諸国請条々事定」
盲人の階級であった勾当のうちの一つ。立寄を経て至るもの。
※当道要録附載(日本盲人史所収)「召物 五度の勾当を云ふ。六刻」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android