コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合(い)判/相判 アイハン

4件 の用語解説(合(い)判/相判の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あい‐はん〔あひ‐〕【合(い)判/相判】

《「あいばん」とも》
合い印(いん)」に同じ。
二人以上の者が連帯で押す印。連判。

あい‐ばん〔あひ‐〕【合(い)判/相判/間判】

紙の大きさの一。縦7寸(約21センチ)、横5寸(約15センチ)のもの。多く帳面に用いられた。
写真乾板で、小判と中判との間の大きさ。縦約13センチ、横約10センチ。
浮世絵版画の大きさの一。縦1尺1寸(約33センチ)、横7寸5分(約23センチ)のもの。

ごう‐はん〔ガフ‐〕【合判】

公文書に判を押すこと。連判すること。また、その判。加判。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone