コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合(い)判/相判 アイハン

デジタル大辞泉の解説

あい‐はん〔あひ‐〕【合(い)判/相判】

《「あいばん」とも》
合い印(いん)」に同じ。
二人以上の者が連帯で押す印。連判

あい‐ばん〔あひ‐〕【合(い)判/相判/間判】

紙の大きさの一。縦7寸(約21センチ)、横5寸(約15センチ)のもの。多く帳面に用いられた。
写真乾板で、小判中判との間の大きさ。約13センチ、約10センチ。
浮世絵版画の大きさの一。縦1尺1寸(約33センチ)、横7寸5分(約23センチ)のもの。

ごう‐はん〔ガフ‐〕【合判】

公文書に判を押すこと。連判すること。また、その判。加判

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごうはん【合判】

公文書に判を押すこと。あるいは連判すること。また、その判。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

合(い)判/相判の関連キーワード藤原俊成(ふじわらのしゅんぜい)原爆症認定の新旧基準と集団訴訟カント哲学の基本概念火山噴火予知連絡会総合健診センター先天的総合判断ベージュブック胆石と胆嚢がんファジー理論ブラックマー純粋理性批判分析・総合商品検査所和歌童蒙抄自動販売機藤原俊成筆跡鑑定労働衛生航空救難八雲御抄

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android