コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合田晴軒 ごうだ せいけん

1件 の用語解説(合田晴軒の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

合田晴軒 ごうだ-せいけん

1638-1722* 江戸時代前期-中期の儒者。
寛永15年生まれ。三宅鞏革斎(きょうかくさい)の次男。父にまなび,父の生家の合田氏をつぐ。寛文元年阿波(あわ)徳島藩主蜂須賀光隆(はちすか-みつたか)にまねかれ藩最初の儒官となり,蜂須賀家の年譜をまとめる。子孫は代々徳島藩につかえた。享保(きょうほう)6年12月14日死去。84歳。京都出身。名は昌因。字(あざな)は仲循。通称は厚元。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

合田晴軒の関連キーワード有岡道瑞伊勢貞広大橋宗伝佐野直行関根弥二郎玉水弥兵衛(初代)林広為古市南軒吉田林庵量外頑器

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone