コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小法廷 しょうほうてい

4件 の用語解説(小法廷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小法廷
しょうほうてい

最高裁判所が審理および裁判を行う場合の構成の仕方の一つで,裁判官の全員により構成される大法廷に対して,その一部によって構成される合議体をいう (裁判所法9) 。現在3つの小法廷 (5人ずつで構成される) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ほうてい〔セウハフテイ〕【小法廷】

最高裁判所の15人の裁判官のうちの5人によって構成される合議体。第一小法廷・第二小法廷・第三小法廷の三つがある。定足数は3人。→大法廷

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうほうてい【小法廷】

最高裁判所で、五人の裁判官で構成される合議体。定足数は三人。三つの小法廷があり、最高裁判所が受理した事件は、通常、まず小法廷で審理される。 → 大法廷

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小法廷
しょうほうてい

最高裁判所が審判するについては、裁判官全員を構成員とする合議体と、その一部の者によって構成する合議体による場合とがある。前者が大法廷、後者が小法廷である。小法廷は5人の裁判官で構成され、定足数は3人としている。小法廷には第一、第二、第三の3小法廷がある。各小法廷で1人の裁判官が裁判長となるが、長官が出席する小法廷では長官が裁判長となる。最高裁判所の受理した事件は、まず小法廷で審理されるが、憲法違背の有無のようなきわめて重要な裁判の場合(裁判所法10条参照)には、小法廷では裁判をすることができず、大法廷で審判する。[内田武吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の小法廷の言及

【最高裁判所】より

…ただし,第一審判決について控訴しないでする跳躍上告や高等裁判所の上告審判決に対する特別上告などがある。
[大法廷と小法廷]
 最高裁判所にもたらされた事件のすべてが15人の裁判官全員による審理や裁判を受けるわけではない。事件の性質に応じて能率よく処理するために,最高裁判所は,全員の裁判官で構成される大法廷(定足数9人)とそれぞれ5人の裁判官で構成される三つの小法廷(定足数3人)とに分けられ(裁判所法9条,最高裁判所裁判事務処理規則1,2,7条),事件は,原則として,まず小法廷で審理され,必要とされるとき大法廷で審理,裁判されることとなっている。…

※「小法廷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小法廷の関連情報