コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉岡禅寺洞 よしおか ぜんじどう

4件 の用語解説(吉岡禅寺洞の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

吉岡禅寺洞

俳人。福岡県生。名は善次郎。新聞記者・福岡女専講師を経て、のち俳句に専心した。初め河東碧梧桐の『日本』に投稿し、のち高浜虚子の『ホトトギス』に属した。句誌『天の川』を創刊する。無季俳句を主張し、戦後は口語自由律を唱えた。昭和36年(1961)歿、71才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉岡禅寺洞 よしおか-ぜんじどう

1889-1961 明治-昭和時代の俳人。
明治22年7月2日生まれ。大正7年福岡で「天の川」を創刊,のち主宰。富安風生,芝不器男(ふきお)らをそだてる。昭和4年「ホトトギス」同人となるが,新興俳句運動にはいり,11年除名された。戦後,口語俳句協会会長。昭和36年3月17日死去。71歳。福岡県出身。本名は善次郎。別号に禅寺童。句集に「銀漢(ぎんかん)」「新墾(にいはり)」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉岡禅寺洞
よしおかぜんじどう

[生]1889.7.22. 福岡
[没]1961.3.17. 福岡
俳人。本名,善次郎。『門司新報』記者,福岡女子専門学校講師を経て,1918年俳誌『天の川』を創刊。高浜虚子に師事して『ホトトギス』派の句風を展開したが,新興俳句運動で水原秋桜子山口誓子らと呼応して無季俳句を主張,のちには口語自然律を唱えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉岡禅寺洞
よしおかぜんじどう
(1889―1961)

俳人。福岡市生まれ。本名善次郎。明治末、河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)の新傾向俳句に熱中したが、1918年(大正7)長谷川零余子(れいよし)を選者に迎えて『天の川』を創刊。翌年自ら選者となる。1929年(昭和4)『ホトトギス』同人。新興俳句運動に参加し、1935年、無季俳句を提唱して『ホトトギス』を除名される。第二次世界大戦後まもなく「自然律」を唱えて口語俳句を主張し、地元に「口語俳句協会」を結成した。門下に横山白虹(はくこう)、棚橋影草、北垣一柿(いっし)ら。句集『銀漢』(1932)がある。[伊澤元美]
『北垣一柿著『吉岡禅寺洞覚書』(1981・三元社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の吉岡禅寺洞の言及

【自由律】より

…これを俳誌の面からいえば,前記《第一作》の後身《海紅(かいこう)》と《層雲》を主流として,碧梧桐の《碧》《三昧》,栗林一石路らの《俳句生活》を加えたものが自由律俳句の流れであった。しかし碧梧桐,一碧楼の没後は《層雲》が主流となり,これに新俳句人連盟の機関誌《俳句人》の一部,吉岡禅寺洞の《天の川》などが加わり第2次世界大戦後の自由律俳句を推進した。自由表現であるから作品には長律・短律があって,前者の例に〈それから青年は最もわいせつなる話をして見たが,もの足らず,雀啼(な)ける〉(一碧楼),後者の例に〈水おと梅ひらく〉(井泉水)などがある。…

※「吉岡禅寺洞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉岡禅寺洞の関連キーワード池内たけし室積徂春田村木国相羽仙夫金森匏瓜栗生純夫小島文器小杉余子沢田はぎ女富士崎放江

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone