コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉岡禅寺洞 よしおか ぜんじどう

4件 の用語解説(吉岡禅寺洞の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

吉岡禅寺洞

俳人。福岡県生。名は善次郎。新聞記者・福岡女専講師を経て、のち俳句に専心した。初め河東碧梧桐の『日本』に投稿し、のち高浜虚子の『ホトトギス』に属した。句誌『天の川』を創刊する。無季俳句を主張し、戦後は口語自由律を唱えた。昭和36年(1961)歿、71才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉岡禅寺洞 よしおか-ぜんじどう

1889-1961 明治-昭和時代の俳人。
明治22年7月2日生まれ。大正7年福岡で「天の川」を創刊,のち主宰。富安風生,芝不器男(ふきお)らをそだてる。昭和4年「ホトトギス」同人となるが,新興俳句運動にはいり,11年除名された。戦後,口語俳句協会会長。昭和36年3月17日死去。71歳。福岡県出身。本名は善次郎。別号に禅寺童。句集に「銀漢(ぎんかん)」「新墾(にいはり)」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉岡禅寺洞
よしおかぜんじどう

[生]1889.7.22. 福岡
[没]1961.3.17. 福岡
俳人。本名,善次郎。『門司新報』記者,福岡女子専門学校講師を経て,1918年俳誌『天の川』を創刊。高浜虚子に師事して『ホトトギス』派の句風を展開したが,新興俳句運動で水原秋桜子山口誓子らと呼応して無季俳句を主張,のちには口語自然律を唱えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉岡禅寺洞
よしおかぜんじどう
(1889―1961)

俳人。福岡市生まれ。本名善次郎。明治末、河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)の新傾向俳句に熱中したが、1918年(大正7)長谷川零余子(れいよし)を選者に迎えて『天の川』を創刊。翌年自ら選者となる。1929年(昭和4)『ホトトギス』同人。新興俳句運動に参加し、1935年、無季俳句を提唱して『ホトトギス』を除名される。第二次世界大戦後まもなく「自然律」を唱えて口語俳句を主張し、地元に「口語俳句協会」を結成した。門下に横山白虹(はくこう)、棚橋影草、北垣一柿(いっし)ら。句集『銀漢』(1932)がある。[伊澤元美]
『北垣一柿著『吉岡禅寺洞覚書』(1981・三元社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の吉岡禅寺洞の言及

【自由律】より

…これを俳誌の面からいえば,前記《第一作》の後身《海紅(かいこう)》と《層雲》を主流として,碧梧桐の《碧》《三昧》,栗林一石路らの《俳句生活》を加えたものが自由律俳句の流れであった。しかし碧梧桐,一碧楼の没後は《層雲》が主流となり,これに新俳句人連盟の機関誌《俳句人》の一部,吉岡禅寺洞の《天の川》などが加わり第2次世界大戦後の自由律俳句を推進した。自由表現であるから作品には長律・短律があって,前者の例に〈それから青年は最もわいせつなる話をして見たが,もの足らず,雀啼(な)ける〉(一碧楼),後者の例に〈水おと梅ひらく〉(井泉水)などがある。…

※「吉岡禅寺洞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone