コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉川元長 きっかわ もとなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉川元長 きっかわ-もとなが

1548-1587 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)17年生まれ。吉川元春(もとはる)の長男。安芸(あき)(広島県)日野山城主。永禄(えいろく)8年(1565)出雲(いずも)(島根県)尼子氏の富田(とだ)城を攻撃して以来,毛利氏の中国地方制覇戦にしたがう。豊臣秀吉の命で四国,九州に転戦し,天正(てんしょう)15年6月5日日向(ひゅうが)(宮崎県)都於郡(とのこおり)で病死。40歳。書をこのみ和歌にも長じた。初名は元資(もとすけ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉川元長の関連キーワード出合正幸四国征伐安土

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android