コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉本せい よしもと せい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉本せい よしもと-せい

1889-1950 大正-昭和時代の興行師。
明治22年12月5日生まれ。夫吉兵衛(のち泰三と改名)に協力して大阪天満(てんま)の第二文芸館をかり寄席(よせ)興行をはじめる。昭和7年吉本興業合名会社を設立,社長となる。漫才師を中心に芸人をそだて,寄席経営を娯楽産業にまで発展させた。昭和25年3月14日死去。60歳。大阪出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の吉本せいの言及

【寄席】より

…近代の大阪には,法善寺,千日前,松島,道頓堀,新町,座摩(ざま),御霊(ごりよう),北之新地,上本町(うえほんまち),日本橋,天満天神,内本町,梅田などで寄席が繁盛し,特に千日前の播重(はりじゆう)席のような女義太夫(おんなぎだゆう)専門の寄席が栄えたこともあったが,大正末から昭和にかけてしだいに衰退し変貌していった。大阪の寄席興行については,吉本(よしもと)せい(1890‐1950)という傑出した興行師が出現したため(吉本興業部,吉本興業合名会社を経て,今日の吉本興業株式会社につながる),大正から昭和にかけて東京とは大いに違う寄席興行の形態がとられて今日に及んでいる。 そのほか,京都,神戸,名古屋にも古くからの寄席興行の歴史があり,江戸時代から多数の寄席芸人が出演した記録がある。…

※「吉本せい」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

吉本せいの関連キーワード桂 春団治(初代)横山 エンタツ吉本興業[株]花菱 アチャコわろてんか矢野誠一昭和時代興行師大正

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉本せいの関連情報