吉田徳春(読み)よしだ とくしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田徳春 よしだ-とくしゅん

1384-1468 室町時代の医師。
至徳元=元中元年生まれ。吉田宗桂(そうけい)の祖父。室町幕府につかえ,法印となる。晩年京都角倉(すみのくら)にすんだので子孫に角倉を名のる分家がある。応仁(おうにん)2年8月16日死去。85歳。本姓は佐々木。号は仁庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android