コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田文雀 よしだぶんじゃく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉田文雀
よしだぶんじゃく

[生]1928.6.8. 東京
[没]2016.8.20. 兵庫,西宮
人形浄瑠璃文楽の人形遣い。本名塚本和男。祖父,父の影響で幼少の頃から文楽座の楽屋に出入りし,1945年8月,2世吉田玉市の預かりとなり,吉田和夫と名のる。1949年文楽が二派に分裂すると因会(ちなみかい)に所属。1950年,3世吉田文五郎の門弟となり,交流のあった 2世中村扇雀(→中村鴈治郎〈3世〉)と師匠の名を組み合わせ,吉田文雀と改名。足遣いの修業を経ないなどの不利を,人一倍の努力と研究で克服して頭角を現し,1963年の文楽協会設立後は『新うすゆき物語』の梅の方などの少ない動きで情愛を表す役や,『菅原伝授手習鑑』の覚寿のような老女役を受け持ち,他の追随を許さない芸境に達した。文楽の生き字引的存在で,首(かしら)や衣装だけでなく浄瑠璃作品の歴史や社会背景にも通じた。各役に首を配分する首割りの重責に長年従事し,国立文楽劇場刊行の解説書『国立文楽劇場所蔵 文楽のかしら』(2006)を監修。1994年重要無形文化財保持者人間国宝。→無形文化財)に認定。1988年芸術選奨文部大臣賞,1991年紫綬褒章,1999年勲四等旭日小綬章を受けた。(→浄瑠璃人形浄瑠璃文楽

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田文雀 よしだ-ぶんじゃく

1928- 昭和後期-平成時代の人形浄瑠璃(じょうるり)の人形遣い。
昭和3年6月8日生まれ。2代吉田玉市の預かりとなり,昭和20年吉田和夫の名で初舞台。25年3代吉田文五郎に入門,文雀と改名。平成6年人間国宝。東京出身。本名は塚本和男。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

吉田文雀

人形浄瑠璃・文楽の人形遣い。1945年に文楽座に入座し、2代目吉田玉市の預かり弟子として吉田和夫と名乗る。50年に3代目吉田文五郎の門下となり、文雀に改名。女形(おやま)から立役(たちやく) まで幅広い役をこなし、心情表現にたけた品格ある芸で高い評価を受けた。文楽の知識も豊富で、人形の首(かしら)を役ごとに割り振る首割の役を長年務めた。91年、紫綬褒章を受章。94年には重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定され、99年に勲四等旭日小綬章に輝いた。2016年、高齢を理由に現役を引退した。

(2016-3-12)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

吉田文雀の関連キーワード[各個指定]芸能部門るり

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉田文雀の関連情報