コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田満 よしだ みつる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田満 よしだ-みつる

1923-1979 昭和時代後期の小説家。
大正12年1月6日生まれ。学徒出陣で海軍にはいる。戦艦大和の副電測士として昭和20年の沖縄突入作戦に参加。体験記録「戦艦大和ノ最期」を27年に刊行した。日本銀行につとめながら戦争体験にもとづく「臼淵大尉の場合」などをかく。昭和54年9月17日死去。56歳。東京出身。東京帝大卒。
【格言など】死んだ仲間の分まで大いに長生きしようではないか(絶筆)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉田満の関連キーワードリチャード・ホフマン マイネア戦艦大和ノ最期大和(戦艦)記録文学戦艦大和1月6日

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android