コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田満 よしだ みつる

1件 の用語解説(吉田満の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田満 よしだ-みつる

1923-1979 昭和時代後期の小説家。
大正12年1月6日生まれ。学徒出陣で海軍にはいる。戦艦大和の副電測士として昭和20年の沖縄突入作戦に参加。体験記録「戦艦大和ノ最期」を27年に刊行した。日本銀行につとめながら戦争体験にもとづく「臼淵大尉の場合」などをかく。昭和54年9月17日死去。56歳。東京出身。東京帝大卒。
【格言など】死んだ仲間の分まで大いに長生きしようではないか(絶筆)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

吉田満の関連キーワード梶山季之藤井重夫藤原審爾川上宗薫江夏美好折目博子咲村観田中艸太郎佃実夫虫明亜呂無

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉田満の関連情報