コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田至永 よしだ しえい

1件 の用語解説(吉田至永の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田至永 よしだ-しえい

1834-1904 幕末-明治時代の彫金家。
天保(てんぽう)5年2月25日生まれ。佐藤東峰,橋本一至(いっし)にまなぶ。文久2年禁裏御用となる。内国勧業博覧会,パリ万国博覧会などに菓子器や喫煙具を出品し受賞。明治11年大阪造幣局にはいり,貨幣意匠の彫刻に従事。明治37年11月22日死去。71歳。京都出身。幼名は栄治郎。字(あざな)は子煕。通称は新造。別号に竹秀舎,竜水,一峰。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉田至永の関連キーワード葛飾北斎野村軍記服飾雑誌アヘン戦争図鑑解析変成作用熱雲東欧演劇丹羽長国変成作用

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone