コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田至永 よしだ しえい

1件 の用語解説(吉田至永の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田至永 よしだ-しえい

1834-1904 幕末-明治時代の彫金家。
天保(てんぽう)5年2月25日生まれ。佐藤東峰,橋本一至(いっし)にまなぶ。文久2年禁裏御用となる。内国勧業博覧会,パリ万国博覧会などに菓子器や喫煙具を出品し受賞。明治11年大阪造幣局にはいり,貨幣意匠の彫刻に従事。明治37年11月22日死去。71歳。京都出身。幼名は栄治郎。字(あざな)は子煕。通称は新造。別号に竹秀舎,竜水,一峰。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

吉田至永の関連キーワード尾崎宍夫町彫海野珉乗海野盛寿後藤光正宗七(6代)新岡旭宇橋本一至(初代)向井勝幸渡辺全愚

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone