コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉行エイスケ よしゆきエイスケ

2件 の用語解説(吉行エイスケの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉行エイスケ
よしゆきエイスケ

[生]1906.5.10. 岡山
[没]1940.7.8. 東京
小説家。本名,栄助。岡山第一中学校時代アナーキズムの影響を受け,思想問題で中退。 1930年新興芸術派の結成に参加。『女百貨店』 (1930) などきらびやかな意匠の作品でモダニズムの代表作家と目されたが,同派の凋落とともに筆を断った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉行エイスケ よしゆき-エイスケ

1906-1940 昭和時代前期の小説家。
明治39年5月10日生まれ。吉行淳之介・和子・理恵の父。岡山第一中学を中退して上京,昭和5年新興芸術派倶楽部(クラブ)の結成にくわわる。「女百貨店」「新種族ノラ」などをかき,ダダイズムとモダニズムの典型とされた。のち株屋となる。昭和15年7月8日死去。35歳。岡山県出身。本名は栄助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の吉行エイスケの言及

【軽演劇】より

…こうして軽演劇は,東京全域に客層を広げ,既成のマジメ演劇のパロディを試み,新宿ではサラリーマン,学生,文士などの客層をつかみ,浅草では労働者層のファンを獲得した。〈ムーラン〉の作家陣は,初期には吉行エイスケ(1906‐40),楢崎勤,竜胆寺雄(りゆうたんじゆう)らが参画,のちに伊馬鵜平(のち伊馬春部(いまはるべ)),斎藤豊吉,山田寿夫,穂積純太郎,小崎政房,横倉辰次,阿木翁助(あぎおうすけ)らが加わった。俳優では竹久千恵子,水町庸子,外崎恵美子,沢村い紀雄らが参加,伊馬の《桐の木横町》,阿木の《女中あい史》(《女工哀史》のもじり)など,軽いユーモアと皮肉をまじえたタッチで,劇中に世相を巧みに織りこんだ。…

※「吉行エイスケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉行エイスケの関連キーワード前田曙山神崎武雄高瀬文淵浜尾四郎矢田津世子井手訶六川田功津村京村寺尾幸夫松永延造

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉行エイスケの関連情報