新興芸術派(読み)しんこうげいじゅつは

百科事典マイペディア「新興芸術派」の解説

新興芸術派【しんこうげいじゅつは】

プロレタリア文学の流行に対して興った反マルクス主義の文学流派。1929年《新潮》編集長中村武羅夫を中心に川端康成嘉村礒多尾崎士郎竜胆寺雄らで結成された〈十三人倶楽部〉を母体に,翌年舟橋聖一井伏鱒二ほか,モダニズム芸術派の作家が参加して〈新興芸術派倶楽部〉が生まれた。これに集まった作家たちによっていわゆるエロ・グロ・ナンセンス時代の都市風俗の断面がさまざまな方向で小説化され,読物とされたが,間もなくいくつかの方向に分裂,消滅した。代表的な作品には竜胆寺の《放浪時代》がある。
→関連項目阿部知二新潮吉行淳之介

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「新興芸術派」の解説

新興芸術派
しんこうげいじゅつは

1930年前後に結成された文学者グループの名称。当時大勢力を誇ったプロレタリア文学に対抗して,新感覚派,モダニズム派,反マルクス主義者などが連合し,新しい芸術派を標榜したものである。川端康成,龍胆寺雄,嘉村礒多,岡田三郎,尾崎士郎らをメンバーとする「十三人倶楽部」が結成されて運動中核となり,雑誌『新潮』の編集長中村武羅夫の援助を受けて活動を開始したが,まもなく内部分裂を起し,みるべき成果をあげないまま終った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「新興芸術派」の解説

しんこうげいじゅつ‐は【新興芸術派】

〘名〙 昭和三年(一九二八)六月「誰だ? 花園を荒す者は!」を書いた中村武羅夫(むらお)を中心に、反マルクス主義の芸術を標榜(ひょうぼう)して集まった文学運動の一派。川端康成、嘉村礒多、龍胆寺雄をはじめ、舟橋聖一、今日出海、阿部知二、小林秀雄、神西清、堀辰雄深田久彌吉行エイスケらも加わった。昭和四、五年にわたりプロレタリア文学に対して、モダニズム、新社会派などの文学を唱えた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「新興芸術派」の解説

しんこうげいじゅつ‐は【新興芸術派】

昭和5年(1930)新興芸術派倶楽部として結成された文学者集団。反プロレタリア文学作家の大同団結を図り、芸術の擁護を訴えた。中村武羅夫なかむらむらお尾崎士郎舟橋聖一井伏鱒二いぶせますじ堀辰雄らが参加。翌年末に解消

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「新興芸術派」の解説

しんこうげいじゅつは【新興芸術派】

昭和初年,反マルクス主義をかかげて結成されたモダニズムの文学集団。1928年,雑誌《新潮》の編集長だった中村武羅夫(1886‐1949)は,評論《誰だ? 花園を荒す者は!》(のち同名の評論集に収録)を書き,純文学の花園を踏み荒らそうとするプロレタリア文学にたいする危機意識を表明したが,翌29年には,廃刊された《不同調》にかわって創刊された《近代生活》を中心に,中村が音頭をとって芸術主義の文学集団〈十三人俱楽部〉が結成された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android