吉野善介(読み)よしの ぜんすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉野善介 よしの-ぜんすけ

1877-1964 明治-昭和時代の植物研究家。
明治10年5月5日生まれ。岡山県で家業の薬種商をいとなむかたわら,植物学を独学。のち西原一之助の指導をうけ,牧野富太郎,中井猛之進らの植物学者に採集した標本をおくり新種の発見に協力。昭和4年「備中(びっちゅう)植物誌」を発刊,28年吉野植物研究所を設立。昭和39年12月11日死去。87歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android