コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吊花 ツリバナ

デジタル大辞泉の解説

つり‐ばな【×吊花】

ニシキギ科の落葉低木。山地に生え、葉は卵形で先がとがる。6月ごろ、緑白色か緑紫色の小花が長い柄でつり下がって咲く。実は丸く、赤く熟すと五つに裂け、赤い種子を現す。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つりばな【吊花】

ニシキギ科の落葉低木。山地に自生。葉は楕円形。初夏、葉腋ようえきから出た長い花柄の先に緑白色または淡紫色の小五弁花をつけ集散状に垂れ下がる。秋、蒴果さくかは熟して五裂し、赤色の種子を現す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

吊花の関連情報