コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吊花 ツリバナ

デジタル大辞泉の解説

つり‐ばな【×吊花】

ニシキギ科の落葉低木。山地に生え、葉は卵形で先がとがる。6月ごろ、緑白色か緑紫色の小花が長い柄でつり下がって咲く。実は丸く、赤く熟すと五つに裂け、赤い種子を現す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つりばな【吊花】

ニシキギ科の落葉低木。山地に自生。葉は楕円形。初夏、葉腋ようえきから出た長い花柄の先に緑白色または淡紫色の小五弁花をつけ集散状に垂れ下がる。秋、蒴果さくかは熟して五裂し、赤色の種子を現す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

吊花 (ツリバナ)

学名:Euonymus oxyphyllus
植物。ニシキギ科の落葉低木・小高木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

吊花の関連キーワード楕円形淡紫色初夏自生葉腋赤色

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吊花の関連情報