同和(読み)ドウワ

大辞林 第三版の解説

どうわ【同和】

同胞一和・同胞融和の意。同和教育・同和問題など、被差別部落の解放に関する事項について用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どう‐か ‥クヮ【同和】

〘名〙 (「か」は「和」の漢音) 和合すること。心が一致しやわらぐこと。むつまじくすること。〔呉越春秋

どう‐わ【同和】

〘名〙 同じ国土に生まれた者が互いに和合すること。被差別部落の解放に関して、第二次世界大戦中、それまでの「融和」の代わりにできた語。現在は主として行政を中心に用いられている。〔同和対策事業特別措置法(1969)〕
[補注]「同胞一和」の略ともされるが、昭和天皇の「御践祚後朝見の御儀に於てはりたる勅語‐昭和元年(一九二六)一二月二八日」の「人心惟れ同じく、民風惟れ和し」からとられたものともいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の同和の言及

【同和対策】より

…被差別部落(いわゆる同和地区)に関する社会的・経済的諸問題の解決を目的とする国および地方公共団体の施策。第2次大戦前にも行政が部落差別問題の解消をはかる措置を講じたことはあったが,同和対策の著しい進展をみたのは,日本国憲法の下での民主主義思想の広まり,人権意識の高揚,それにもとづく部落解放運動の展開という新しい状況を迎えた戦後のことであり,その基本的方策が示されたのは,1965年に同和対策審議会の答申(同対審答申)が提出されてからのことである。…

※「同和」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

同和の関連情報