名乗を上げる(読み)なのりをあげる

精選版 日本国語大辞典の解説

なのり【名乗】 を 上(あ)げる

① 自分の名や身分を勢いよくいう。
(イ) 武士が戦場で敵と戦う前の作法として、自分の名を声高らかにいう。
(ロ) 自分が何者であるかをみんなに知らせる。名のって出る。
※夢の女(1903)〈永井荷風〉一二「まだ何とも云は無え先に自分から名乗を上げて居りゃア」
② 相撲で、呼出しが力士の名を呼び上げる。
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉一月暦「呼出しが、土俵口即ち二字口に出て、東の方水戸の産常陸山谷右衛門と名乗(ナノリ)を挙(ア)げると」
③ 競争などに加わることを表明する。選挙などに立候補する。
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉続「私の同窓の親友白井俊三君が、始めて社会に名乗を揚げた貴重の土地なんです」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる