コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名古屋グランパスエイト ナゴヤグランパスエイト

4件 の用語解説(名古屋グランパスエイトの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なごや‐グランパスエイト【名古屋グランパスエイト】

日本プロサッカーリーグクラブチームの一。ホームタウン名古屋市ほか2市を中心とする愛知全県。昭和14年(1939)創設のトヨタ自動車サッカー部を再編し、平成3年(1991)に発足。平成5年(1993)のJリーグ発足時から参加。平成20年(2008)から「エイト」を除いて呼称する。
[補説]「グランパス(grampus)」は英語で鯱(しゃち)の意。「エイト(eight)」は名古屋市の市章(八)であり、末広がりを表す。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

名古屋グランパスエイト

英語の「シャチ」(名古屋シンボル)と、名古屋市の記章で末広がりの「八」

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

名古屋グランパスエイト

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。1993年に加盟。愛知県を活動区域とする。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

名古屋グランパスエイト
なごやぐらんぱすえいと

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)所属クラブ。欧文表記はNAGOYA GRAMPUS EIGHT。法人名は「株式会社名古屋グランパスエイト」。呼称は名古屋グランパス(2008年より)。名古屋市をホームタウンとし、愛知県を活動区域とする。ホームスタジアムは名古屋市瑞穂(みずほ)陸上競技場(収容人員2万)、豊田スタジアム(収容人員4万3000)。チーム名は、英語で名古屋のシンボル「鯱(しゃち)」を意味するグランパス(GRAMPUS)と、名古屋市の記章(○の中に「八」の字)であり末広がりを表す数字の「八」、エイト(EIGHT)を組み合わせたもの。マスコットは「鯱」をキャラクター化した「グランパスくん」「グランパコちゃん」「グランパスくんジュニア」と「グララ」。クラブカラーはレッド。
 日本サッカーリーグに参加していたトヨタ自動車からの移籍選手を中心に産声を上げたクラブである。1991年(平成3)に愛知県の主要企業20社の共同出資で株式会社を設立し、Jリーグ正会員となった。Jリーグには1993年の開幕時から参加している。
 獲得したおもなタイトルは、天皇杯優勝2回(1995、1999)である(2010年5月現在)。
 過去に在籍した選手には、ガリー・リネカーGary Winston Lineker(1960― 、イングランド)、ドラガン・ストイコビッチDragan Stojkovic(1965― 、ユーゴスラビア、現セルビア)、平野孝(ひらのたかし)(1974― )、望月重良(もちづきしげよし)(1973― )、本田圭佑(けいすけ)(1986― )らがいる。[中倉一志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名古屋グランパスエイトの関連キーワードザスパクサツ群馬愛媛FCFC東京大宮アルディージャ柏レイソルカターレ富山ジュビロ磐田セレッソ大阪栃木サッカークラブロアッソ熊本

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

名古屋グランパスエイトの関連情報