(読み)シャチ

  • ×鯱
  • さちほこ
  • しゃちほこ
  • しゃっちょこ
  • 鯱 (シャチ)

デジタル大辞泉の解説

マイルカ科の哺乳類。体長約7メートルのハクジラ。背は黒色、腹は白色。雄の背びれは大きく、直立する。性質は獰猛(どうもう)で、イカ・魚類のほかアザラシ・アシカ・イルカ類、時には群れでなどを襲う。さかまた。
しゃちほこ」の略。
[補説]「鯱」は国字
想像上の、魚に似た海獣。頭は虎(とら)に似て背に鋭いとげがあり、尾は空に向かって反り返る。
城などの屋根の大棟(おおむね)の両端につける1をかたどった金属製・瓦製などの飾り物。火よけのまじないとされ、鴟尾(しび)が、後世、形を変えたものともいわれる。しゃち。
[補説]「鯱」は国字。
しゃちほこ」の音変化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

東洋建築において,屋根の大棟(おおむね)の両端につける魚形の棟飾。〈鯱鉾(しゃちほこ)〉ともいう。鴟尾(しび)の変形したものと考えられ,中国では宋代に出現,日本には室町時代に伝わり,城郭建築に用いられた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① マイルカ科の哺乳類。雄は体長約九メートルに達するが、雌はそれより一~二割ほど小さい。体形はイルカよりずんぐりとして、頭は丸く、上下のあごにがんじょうで鋭い歯をもつ。体は黒く、目の後上方と体側に顕著な白斑がある。胸びれは卵円形で大きく、雄の背びれは長大で直立する。北極・南極のほか世界の海洋に広く分布。魚などを食べるほか、クジラ、アザラシやサメなどを襲って捕食する。さかまた。くじらとおし。しゃちきり。しゃちくじら。しゃちほこ。
※随筆・磯通太比(1817頃)「なぎたる時釣してもさらに魚をえぬときはしゃちの通りしならんと申侍れと」
② 「しゃちほこ(鯱)」の略。
〘名〙 「しゃちほこ(鯱)」の変化した語。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「鯨や鯱(シャッチョコ)を呑(のま)うとは、大それた芥子之助だア」
〘名〙 =しゃちほこ(鯱)壒嚢鈔(1445‐46)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鯱の関連情報