コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名和清左衛門 なわ せいざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

名和清左衛門 なわ-せいざえもん

?-1717 江戸時代前期-中期の講釈師。
京都の人。元禄(げんろく)5年江戸にでる。13年町奉行の許しで浅草見付に小屋をたて,「太平記評判秘伝理尽鈔(りじんしょう)」をよんだ。小屋は「太平記講釈場」とよばれ,寄席の始まりとされる。名和長年の子孫といわれ,本姓をはばかり赤松とも名のった。享保(きょうほう)2年死去。通称は見付清左衛門

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

名和清左衛門の関連キーワード備後国大丸中津城浜松大空襲小野薬品工業小野薬品工業伊勢貞丈王翬河東節義山