コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名島(読み)なじま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名島
なじま

福岡県北西部,福岡市東区,多々良川北岸の博多湾にのぞむ地区。天正年間 (1573~92) 小早川隆景が築城し,慶長7 (1602) 年黒田長政が廃城とした名島城跡がある。 1919年火力発電所が建設されてからは海岸の埋立てが進み,住宅地として発展した。城浜 (しろはま) 海岸にはケイ化木が露出する天然記念物名島の檣石 (ほばしらいし) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

名島
なじま

福岡市東区の多々良(たたら)川河口にある町。小早川隆景(こばやかわたかかげ)が天正(てんしょう)年間(1573~1592)に築いた城跡は名島神社となり、その境内の海岸に、神功(じんぐう)皇后が三韓(さんかん)出兵の際使用した船の帆柱(ほばしら)が化石になったといわれる珪化(けいか)木、帆柱石(檣石(ほばしらいし))があり、国の天然記念物に指定されている。現在は、沖の妙見(みょうけん)島も埋立てにより陸続きとなり、大型団地が建設されている。国道3号、福岡都市高速1号が通じ、西日本鉄道貝塚線名島駅がある。[石黒正紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名島の関連情報