コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

博多湾 はかたわん

6件 の用語解説(博多湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

博多湾
はかたわん

別称福岡湾。福岡県北西部,福岡市域に囲まれ玄界灘開かれた湾入。東西約 20km,南北約 7kmで胃袋のような形をしている。北東方に全長約 12kmの砂州である海ノ中道が発達し,玄界灘に対し防波堤の役割を果している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はかた‐わん【博多湾】

福岡県北西部、糸島半島海ノ中道志賀島(しかのしま)に囲まれる湾。湾口に玄界島、湾内に能古島(のこのしま)があり、南岸は福岡市元寇(げんこう)古戦場

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はかたわん【博多湾】

福岡市域に囲まれた玄界灘の湾入。福岡湾ともいう。東西約20km,南北約7km。北は海ノ中道で外海と隔てられ,その先端に陸繫された志賀島(しかのしま)がある。西側は糸島半島で,その北方,湾口中央に玄界島が浮かぶ。湾の中央部西寄りに能古島(のこのしま)があり,その南西の湾奥部は今津湾とよばれる。那珂川室見川多々良川など流入諸河川の土砂堆積に新たな土地隆起も加わって水深は浅く,湾口部(約20m)を除いて10m未満にすぎず,博多港まで大型船の航行ができる中央航路を掘削している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はかたわん【博多湾】

福岡県北西部にある内湾。西浦岬と海中道で玄界灘と限られる。元寇の遺跡がある。福岡湾。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県〕博多湾(はかたわん)


福岡市東区北部の海ノ中道(うみのなかみち)・志賀(しかの)島と糸島(いとしま)半島北端の西浦(にしうら)岬に抱かれた内湾。福岡湾とも。湾口に玄界(げんか)島、湾内に能古(のこの)島が浮かぶ。湾口部には岩礁が点在する。湾奥の北東部には和白(わじろ)干潟が広がる。湾奥南部の博多港は特定重要港湾。古代には「那津(なのつ)」とよばれ、大宰府(だざいふ)の外港として機能した。中世には大陸貿易の基地として発展。海ノ中道・志賀島や糸島半島沿岸は玄海(げんかい)国定公園に属する。志賀島は、1957年、後漢の光武帝(こうぶてい)が日本の倭国の王に与えたとされる金印が江戸時代に発見された島として有名。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

博多湾
はかたわん

福岡市の北側、玄界灘(げんかいなだ)に面する湾で、福岡湾ともいう。志賀島(しかのしま)の北西端と玄界島、糸島(いとしま)半島北東端西浦(にしうら)岬を結ぶ区域内で、能古島(のこのしま)の南西側海域は今津湾ともいわれる。那珂(なか)川などの河川堆積(たいせき)によって水深が浅く、海ノ中道と志賀島が防波堤の役目を果たすために湾内ではノリ養殖などが盛んに行われていたが、博多港の発達と大規模埋立てによって海水汚濁が進み急速に衰退した。しかし、湾口部では魚種も豊富で、春には室見(むろみ)川、瑞梅寺(ずいばいじ)川の河口にシロウオが上る。博多港西端の博多漁港は全国有数の以西底引網漁業の基地である。沿岸一帯は元寇(げんこう)の遺跡や景勝地に富み、玄海国定公園に指定されている。[石黒正紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

博多湾の関連情報