(読み)あん(英語表記)an

翻訳|an

デジタル大辞泉の解説

あん【案】

考え。計画。「を練る」
予想。推量。
文書の下書き。草案。「を提出する」
物を載せる台。机。
「此の経の―の前に立ちて」〈今昔・六・四五〉

あん【案】[漢字項目]

[音]アン(呉)(漢)
学習漢字]4年
机。台。「案下(あんか)几案玉案
調べる。調べる事柄。「案件公案
考える。「案出考案思案創案
考えた内容。計画。「新案提案発案腹案翻案妙案名案
考えた内容を盛りこんだ下書き。「議案教案原案試案図案草案答案文案法案
[難読]案山子(かかし)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あん【案】

考え。思いつき。アイデア。 「いい-が浮かぶ」
したがき。原案。 「執行部の-を検討する」
予想。もくろみ。計画。 「 -をたてる」 「 -を練る」
物をのせる台。机。 「此の経の-の前に立ちて/今昔 6
思慮。 「 -ノ深イ人/日葡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あ【案】

〘名〙 (「あん」の撥音が表記されなかったもの) 前もって考えていたこと。予想。あん。
※源氏(1001‐14頃)若菜下「あのごとく桐壺の御方より伝へて聞こえさせ給ひければ」

あん【案】

〘名〙
① 物を載せる台。机。膳。楉案(しもとあん)、書案、大案の類がある。案几(あんき)
※後二条師通記‐寛治二年(1088)四月一七日「小将書初、敷左右座一枚、横有座、有案」
※今昔(1120頃か)六「一の鹿有て、門を突て入来て、此の経の案の前に立て、頭を挙て舐(ねぶ)る」 〔後漢書‐梁鴻伝〕
② 下書き。草案。あんじぶみ。あんしょ。あんもん。
※延喜式(927)一一「凡御体卜者、神祇官中臣率卜部等〈略〉神祇副若祐、持奏案、進大臣
※伊勢物語(10C前)一〇七「かのあるじなる人、あんを書きて、かかせてやりけり」
控え書き。留め書き。
※令義解(718)公式「凡案成者。具条納目
※東寺百合文書‐は・正和三年(1314)一〇月四日・僧頼尊奉書案「わかさよりのかさねたるじゃう、又ゐんせんのあんひろう申候ぬ」
④ まだ確定していないで、調査や相談を要する事柄。計画。もくろみ。また、それを書いた文書。「案を立てる」「予算案」「議案」
※宮内省官制‐明治四〇年(1907)三条「宮内大臣は〈略〉案を具へて上奏すべし」
⑤ 思案。考え。くふう。計略。
※栄花(1028‐92頃)初花「さ思はせんとたばかりたる事なれば、案にははかられにけり」
※浄瑠璃・頼光跡目論(1661‐73頃)五「あん深き剛のものなれば」

あん‐じ【案】

〘名〙 (動詞「あんず」の連用形の名詞化)
① 思案。計画。工夫。
咄本・春袋(1777)水馬「その時は、とふ云あんじだろう」
② 心配。懸念。恐れ。
※浄瑠璃・仮名手本忠臣蔵(1748)二「たがいふとなくお耳に入それはそれはきついお案(アン)じ」

あん・じる【案】

〘他ザ上一〙 (サ変の「案ずる」が上一段活用に転じた語。近世以降に見られる)
※俳諧・三冊子(1702)白双紙「切字をいるる事を案じられし傍にありて」
※浄瑠璃・心中宵庚申(1722)中「身のおとろふる程いやましに案じらるるは子の身の上」

あん‐・ず【案】

〘他サ変〙 ⇒あんずる(案)

あん‐・ずる【案】

〘他サ変〙 あん・ず 〘他サ変〙
① あれこれと考えをめぐらす。心中いろいろと考える。「一計を案ずる」
※竹取(9C末‐10C初)「これを、この頃安ずるに」
② 物事の成り行きなどをあれこれと心配する。
中務内侍(1292頃か)弘安七年七月五日「そらおそろしくあんせられて」
※歌謡・松の葉(1703)四・几帳「宿の首尾のみあんずれば、我が黒髪も白髪となる」
③ はっきりしない点を問いただす。調べる。
[語誌](1)当初は、ある不確定な情報の実態を明確にするために、さまざまな分析・総合する思索の働きを表現し、学問・行政など社会の公的な文脈にのみ現われる語であった。
(2)鎌倉時代以降、不可解な実態に直面した際に、対処できずに思い悩む心の動きを表わす表現として一般化した。
(3)江戸時代以降「案じる」と上一段活用に移り、将来の心配などのマイナスの心的状況を表現する形式に固定された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

案の関連情報