腹案(読み)ふくあん

精選版 日本国語大辞典「腹案」の解説

ふく‐あん【腹案】

〘名〙 計画などあらかじめ心の中で考えておくこと。また、その心中に練っている計画。
※人情本・貞操婦女八賢誌(1834‐48頃)六序「此輯(しふ)にして局を結べば、なほ(フクアン)に漏れたる事の又なしとしもすべからず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「腹案」の解説

ふく‐あん【腹案】

[名](スル)前もって心の中で考えておくこと。また、その案や考え。「腹案を練る」「腹案したとおりに進める」
[類語]原案たたき台代案対案試案懸案法案草案私案素案成案決議案愚案新案良案妙案名案アイデア

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「腹案」の解説

【腹案】ふくあん

予定の案。

字通「腹」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android