対案(読み)たいあん

精選版 日本国語大辞典「対案」の解説

たい‐あん【対案】

〘名〙
① 相手の提、あるいは、すでにある案に対して出す別の案。
※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)三月二四日「且対案の調製は地方的知識を有する人に依りてせられざるべからざるを以て」
② (「案」はの意) 机に向かってすわること。また、読書などをすること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android