成案(読み)せいあん

精選版 日本国語大辞典「成案」の解説

せい‐あん【成案】

〘名〙 ある計画・方針などに対するすでにできあがった考えや文案
※漢書列伝竺桃抄(1458‐60)張湯第二九「具獄と云は、なりすまいたるでこそあれぞ。具獄なんどとは読まいぞ」
※議院法(明治二二年)(1889)五六条「協議会に於て成立したる成案に」 〔韓愈‐藍田県丞庁壁記〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「成案」の解説

せい‐あん【成案】

具体的にでき上がっている考えまたは文案。「成案を得る」
[類語]腹案原案たたき台代案対案試案懸案法案草案私案素案決議案愚案新案良案妙案名案アイデア

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「成案」の解説

【成案】せいあん

決定案。

字通「成」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android