コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

向井敏 むかい さとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

向井敏 むかい-さとし

1930-2002 昭和後期-平成時代のエッセイスト,文芸評論家。
昭和5年9月24日生まれ。谷沢永一,開高健(たけし)らの同人誌「えんぴつ」に参加。電通勤務をへて文筆に専念し,昭和58年「虹をつくる男たち―コマーシャルの30年」でサントリー学芸賞。文章論や読書論,書評もおおく,平成元年「傑作の条件」,2年「文章の貴族」,5年「表現とは何か」をあらわした。平成14年1月4日死去。71歳。大阪出身。阪大卒。著作はほかに「文章読本」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

向井敏の関連キーワード開高健(かいこうたけし)エッセイスト司馬遼太郎

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

向井敏の関連情報