コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぎん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


ぎん

三味線の勘所 (ポジション) の名称,およびその勘所によって奏される相対音名。さらにその音に基づく曲節 (旋律型) 名称。記譜においては「キン」と書いて「ぎん」と読む。一般に二の糸の開放弦の長2度上のポジション,および三の糸の開放弦の5度上のポジション (本調子では二の糸のキンの1オクターブ上になる) をいう。ただし,後者は「ハルギン」または「下のギン」などともいわれ,このポジションを用いることは陽旋法化することになり,義太夫節ではこの「キン」のツボは東風独特のものともいわれる。曲節名称としては,さらに「上キン」「中キン」「ハルキン」「ウキン」などの別もあり,「キン」の音を用いる「オクリ」の曲節を「キンオクリ」という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎん【吟】

詩歌を声に出してうたうこと。吟じること。
詩歌を作ること。また、その詩歌。「車中の
漢詩の古詩の一体。調子が悲痛で沈んだもの。「白頭」「江上
謡曲で、声の出し方の強弱。「つよ
(ふつう「ギン」と書く)義太夫節の語り方を示す文字譜の一。三味線の三の糸の嬰(えい)ヘ音を中心とした旋律。

ぎん【吟】[漢字項目]

常用漢字] [音]ギン(漢)
うめく。なげく。「呻吟(しんぎん)
詩歌を詠む。「吟詠吟行吟誦苦吟高吟詩吟即吟低吟放吟朗吟
詩歌。「秀吟名吟
内容を探り確かめる。「吟醸吟味
[名のり]あきら・おと・こえ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎん【吟】

声を出して詩や歌を歌うこと。また、詩や歌を作ること。
よんだ詩歌。 「病床の-」
謡曲で、うたい方の強弱。 「弱よわ-」
漢詩の一体。古詩の一つの形で、悲愴ひそうな調子のもの。 「白頭-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

吟の関連キーワード夕べの陽に子孫を愛す強吟・剛吟・ツヨ吟弱吟・柔吟・ヨワ吟西吟(2)久津見吟市黒川 哲泉立石 松律水無瀬三吟剛吟・強吟天神囃子羽陽男山藤堂良忠惟忠通恕平家正節千紫万紅大雪乃蔵清水房雄富川房信神戸友琴佐治素雲

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吟の関連情報