コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吹(き)上げ/噴(き)上げ フキアゲ

デジタル大辞泉の解説

ふき‐あげ【吹(き)上げ/噴(き)上げ】


(吹き上げ)低い所から風が吹き上がってくること。また、その場所。
水・温泉などを高くふき上げること。また、その装置や場所。特に、噴水。
室町末期から江戸時代にかけて行われた女性の髪形の一。髪をふくらませて髷(まげ)を上げたもの。ふきわげ。
吹上の浜」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

吹(き)上げ/噴(き)上げの関連キーワードブラックスモーカーホイールカッターチキソトロピー紅炎[太陽]クラリーノ吹き上げ降下煤塵江戸時代阿哲台間欠泉噴水吹上装置髪形

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android