コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吹毛 スイモウ

デジタル大辞泉の解説

すい‐もう【吹毛】

《毛を吹き分けて隠れた疵(きず)を探す意から》無理に人の欠点を探すこと。あらさがし。→毛を吹いて疵(きず)を求む
吹きかけた毛も断ち切るほどの、よく切れる剣。「吹毛

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すいもう【吹毛】

〔毛を吹いて隠れた疵きずを探す意から〕 強いて人の欠点をさがし出すこと。あらさがし。 「 -の難も多く侍らん/筑波問答」 → 毛を吹いて疵を求む(「毛」の句項目)
〔吹きつけた毛も切る意から〕 よく切れる剣。利剣。 「 -を提持して、虚空を截断す/太平記 10

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

吹毛の関連キーワード永田耕衣山崎益洲山崎益州京ひな太平記利剣きず

吹毛の関連情報