コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吹管分析 すいかんぶんせきblowpipe analysis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吹管分析
すいかんぶんせき
blowpipe analysis

炭上試験ともいう。鉱物の鑑定に用いる簡単な定性分析法。古典的な鉱物組成決定のための予備実験法の1つ。アルコールランプなどのを適当に吹き分け,酸化炎還元炎のいずれかを用いて,木炭の端にあけた小孔中の試料 (炭酸ナトリウムと混ぜ合せたもの) を加熱する。加熱は炎を直接吹きつけて行う。小孔に生じた金属球の色,光沢,硬さ,酸化物被膜の生じる位置などから原鉱物の化学組成を判断する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

すいかん‐ぶんせき〔スイクワン‐〕【吹管分析】

鉱物などの金属成分を簡便に検出する分析法。木炭上の穴に試料の粉末を詰め、これに吹管炎を吹きつけ、その変色・溶融状態などから成分を判定する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すいかんぶんせき【吹管分析 blowpipe analysis】

鉱物中の金属成分を検出する簡易分析法。定性分析の予備試験に用いる。鉤形に曲がった吹管の先端をアルコールランプなどの炎に入れ,他端を口で吹いて炎を木炭上に導く。木炭上のくぼみに鉱物粉末と炭酸ナトリウムをおき,炎の酸化炎,還元炎を使いわけて木炭上に鉱物成分の金属球とその表面酸化物(鉱衣)をつくる。得られた金属の延展性,硬さ,色,鉱衣の形状などから定性分析を行う。【松浦 二郎】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

すいかんぶんせき【吹管分析】

鉱物の化学成分の簡易分析法。試料粉末と無水炭酸ナトリウムとの混合物を木炭表面に埋め込み、吹管を用いて炎を吹きつけたときに起こる変化、たとえば気体の発生、炎の色、出来た金属球や酸化物の皮膜の形や色などにより試料の化学成分を分析する。現在ではほとんど用いられない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吹管分析
すいかんぶんせき
blowpipe analysis

吹管を用いて行う乾式定性分析。吹管は金属性の管で、一端に口を当てて吹き、他端から吹き出た空気を炎に吹き付けると、炎は横に倒れて細長い形となって木炭上の穴に詰めた試料に当たる。これによって強熱された試料の色調の変化、気体の発生、融解などの現象を観察する。また木炭上に昇華する金属酸化物の色や形状によって試料中の金属を判別する。管の先端を炎の中に入れて吹けば酸化炎を、外に置いて吹けば還元炎というように炎を自由に使い分けることができる。鉱物の金属成分を検出する簡易な方法として使われることが多かったが、現在ではほとんど行われていない古典的分析法の一つである。[高田健夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

吹管分析の関連キーワードリヒター(Hieronymus Theodor Richter)無水炭酸ナトリウムベルツェリウス乾式反応リヒター混合物黄銅鉱沸石燃焼

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android