コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喇叭 ラッパ

デジタル大辞泉の解説

らっ‐ぱ【××叭】

金管楽器の総称。真鍮(しんちゅう)製の管の一端に吹口がつき、他端が朝顔形に開いたもの。トランペットホルンなど。
弁のない簡単な構造のトランペット。数種の倍音のみを発し、信号や儀式の奏楽に用いる。
蓄音機などの朝顔形の拡声器。
喇叭飲み」の略。
大言壮語すること。→喇叭を吹く
[補説]梵語ravaからとも、また、オランダ語roeperからともいわれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

らっぱ【喇叭】

金管楽器の総称。また、特に無弁のナチュラル-トランペットのこと。 「進軍-」
朝顔形に末端の開いた拡声器。
「らっぱ飲み」の略。 〔語源未詳。梵語 rava から、オランダ roeper から、あるいは、中国語「喇叭」からか、など諸説がある〕
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

喇叭の関連キーワード吹き立てる・吹立てる張る・貼る・撲るパイパーフラッグ吹く・噴く畑 耕一泉 斜汀葛西善蔵楯山 登卵管妊娠がた馬車らっぱ喇叭手唐人笛卵管炎中野実前触れ辻馬車ラッパ吹く驚起

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

喇叭の関連情報