吾兄(読み)アセ

デジタル大辞泉「吾兄」の解説

あ‐せ【×兄】

[代]二人称の人代名詞。女子が男子を親しんで呼ぶ上代では多く間投助詞「」を伴って、歌の囃子詞はやしことばに用いた。
尾津をつさきなる一つ松、―を」〈・中・歌謡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「吾兄」の解説

あ‐せ【吾兄】

〘代名〙 対称。女子から男子を親しんでいった語。多く「を」を伴って用いる。→あせを

ご‐けい【吾兄】

〘代名〙 (わが) 友人を親しんでいう語。あなた。貴兄

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「吾兄」の解説

【吾兄】ごけい

自分の兄。また、友人を尊んでいう。・韓〔司門盧四兄雲夫院長の秋を望むの作に酬ゆ〕詩 雲夫が兄、狂氣り 嗜好俗と酸鹹(さんかん)を殊(こと)にす 日來我を省して(あへ)て去らず 詩を論じ賦をいて、相ひ(なんなん)す

字通「吾」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android