(読み)アレ

デジタル大辞泉「吾」の解説

あれ【×吾/我】

[代]一人称の人代名詞。われ。わたし。
「さ寝むとは―は思へど」〈・中・歌謡
[補説]上代語。中古には、「あれにもあらねば返しすべくも思はねど」〈玉鬘〉のような慣用表現に残るだけで、「われ」が多く用いられた。

あ【×吾/我】

[代]一人称の人代名詞。わたし。われ。わ。
「―を待つと君が濡れけむ」〈・一〇八〉
[補説]主に上代に用いられ、平安時代には「あが」の形を残すだけになった。

ご【吾】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ゴ(漢) []われ わが
〈ゴ〉われ。自分。自分の。「吾兄吾人
〈わが〉「吾輩
[難読]吾妻(あずま)・橐吾(つわぶき)・吾妹(わぎも)吾木香(われもこう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android