コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吾妻・与次兵衛 あづま・よじべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吾妻・与次兵衛 あづま・よじべえ

流行唄(はやりうた)にうたわれた人物。
寛文(1661-73)のころに実在したという大坂の遊女吾妻と摂津の金持ち与次右衛門がモデル。「あづまうけだせ山崎与次兵衛……」とうたわれた。近松門左衛門浄瑠璃(じょうるり)「寿(ねびき)の門松」や竹田出雲らの「双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)」などに脚色された。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吾妻・与次兵衛の関連キーワード双蝶蝶曲輪日記道行寛文

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android