コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吾妻与次兵衛物 あづまよじべえもの

世界大百科事典 第2版の解説

あづまよじべえもの【吾妻与次兵衛物】

人形浄瑠璃,歌舞伎の一系統。1704年(宝永1)の《落葉集》巻四の〈山崎与次兵衛踊〉を主人公とした一連の作品群。人形浄瑠璃に脚色したのは,18年(享保3)1月《山崎与次兵衛寿(ねびき)の門松》(近松門左衛門作)に始まり,25年1月《昔米万石通(むかしごめまんごくどおし)》(西沢一風・田中千柳合作),49年(寛延2)7月《双蝶々曲輪日記(ふたつちようちようくるわにつき)》(竹田出雲・三好松洛・並木千柳合作)などがそれである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の吾妻与次兵衛物の言及

【山崎与次兵衛寿の門松】より

…一中節の《根曳の門松》は1722年(享保7)大坂嵐座の歌舞伎《山崎与次兵衛半中節》の道行で,《寿の門松》の下の巻の道行を改作して,宮古路豊後掾が語ったものである。与平と与次兵衛の男同士の心意気の部分が,《昔米万石通(むかしごめまんごくどおし)》を経て《双蝶々曲輪日記(ふたつちようちようくるわにつき)》などの男達(おとこだて)物の系列に展開してゆき,吾妻与次兵衛物の先駆となっている。【向井 芳樹】。…

※「吾妻与次兵衛物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

吾妻与次兵衛物の関連キーワード宝永限りの太鼓生島半六阿部正武市川団十郎(初代)醍醐新兵衛(初代)鶴沢探山天満八太夫桃林堂蝶麿虎屋永閑

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android