呂振羽(読み)りょしんう

大辞林 第三版の解説

りょしんう【呂振羽】

1900~1980) 中国の歴史学者。唯物史観的方法論で中国古代史を研究。著「史前期中国社会研究」「殷周時代の中国社会」など。リュイ=チェンユイ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呂振羽
りょしんう / ルーチェンユ
(1900―1980)

唯物史観を奉ずる中国人古代史家。日本に留学し、北京(ペキン)の民国大学、中国大学の教授となる。1934年『史前期中国社会研究』、続いて『殷周(いんしゅう)時代の中国社会』を著して指導的地位を確立した。当時、郭沫若(かくまつじゃく)が、殷代は原始共産社会の末期にあたり、周代より奴隷制時代に入ると主張したのに反対し、殷代はすでに奴隷制社会であり、西周は封建時代が始まったと唱え、翦伯賛(せんばくさん)など多数の学者の支持を受け、やがて郭沫若も自説を改変せざるをえなくなった。呂振羽によれば、西周時代にはなお奴隷制が残って封建と両立していたが、宣王(せんおう)(在位前827~前782)の中興により封建制が確立したという。ただしその後、学界は封建時代の開始をいっそう後世へ繰り下げる傾向にある。彼は日本の唯物史観派の所説にも批判を加えた。[宮崎市定]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android