コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呂振羽 りょしんう

大辞林 第三版の解説

りょしんう【呂振羽】

1900~1980) 中国の歴史学者。唯物史観的方法論で中国古代史を研究。著「史前期中国社会研究」「殷周時代の中国社会」など。リュイ=チェンユイ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

呂振羽【りょしんう】

中国の歴史家湖南省の人。日本に留学明治大学に学ぶ。北京の中国大学で社会経済史を講義。解放後,東北人民大学校校長などを務めた。主著《殷周時代の中国社会》《中国政治思想史》など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呂振羽
りょしんう / ルーチェンユ
(1900―1980)

唯物史観を奉ずる中国人古代史家。日本に留学し、北京(ペキン)の民国大学、中国大学の教授となる。1934年『史前期中国社会研究』、続いて『殷周(いんしゅう)時代の中国社会』を著して指導的地位を確立した。当時、郭沫若(かくまつじゃく)が、殷代は原始共産社会の末期にあたり、周代より奴隷制時代に入ると主張したのに反対し、殷代はすでに奴隷制社会であり、西周は封建時代が始まったと唱え、翦伯賛(せんばくさん)など多数の学者の支持を受け、やがて郭沫若も自説を改変せざるをえなくなった。呂振羽によれば、西周時代にはなお奴隷制が残って封建と両立していたが、宣王(せんおう)(在位前827~前782)の中興により封建制が確立したという。ただしその後、学界は封建時代の開始をいっそう後世へ繰り下げる傾向にある。彼は日本の唯物史観派の所説にも批判を加えた。[宮崎市定]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

呂振羽の関連キーワードリューチェンユー1月30日宮崎市定郭沫若

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android