コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮崎市定 ミヤザキイチサダ

5件 の用語解説(宮崎市定の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みやざき‐いちさだ【宮崎市定】

[1901~1995]東洋史学者。長野の生まれ。京大教授・東洋史学会会長。中国を中心に広くアジア史全般を研究。「九品官人法の研究」で学士院賞受賞。他の著作に「科挙」「中国史」など。平成元年(1989)文化功労者

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

宮崎市定【みやざきいちさだ】

東洋史学者。長野県生れ。京都帝国大学文学部卒。内藤湖南桑原隲蔵羽田亨狩野直喜らに師事。1944年−1965年京大教授。研究対象は宋代を中心に,古代から近世まで及び,政治・経済・社会の各分野で優れた業績がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮崎市定 みやざき-いちさだ

1901-1995 昭和-平成時代の東洋史学者。
明治34年8月20日生まれ。内藤湖南,桑原隲蔵(じつぞう)にまなぶ。昭和19年京都帝大教授。中国を中心にひろくアジア史を研究,独自の体系をきずく。33年「九品官人法の研究」で学士院賞。平成元年文化功労者。平成7年5月24日死去。93歳。長野県出身。京都帝大卒。著作に「東洋における素朴主義の民族と文明主義の社会」「中国史」「史記を語る」「アジア史研究」など。
【格言など】人類は競争によって,その文明が進歩したことは見逃すことのできない事実である(「アジア史概説」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

みやざきいちさだ【宮崎市定】

1901~1995) 東洋史学者。長野県生まれ。京大教授。宋代を中心とする中国史、アジア史を研究。著「九品官人法の研究」「中国史」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮崎市定
みやざきいちさだ
(1901―1995)

東洋史学者。長野県生まれ。1925年(大正14)京都帝国大学東洋史学科を卒業し、第六高等学校第三高等学校の教授を経て、1935年(昭和10)京都帝国大学助教授となる。内藤湖南桑原隲蔵(くわばらじつぞう)に師事。1936年から2年間ヨーロッパに留学、その間にトルコ、シリア、イラク、エジプトを旅行して『菩薩蛮記(ぼさつばんき)』を著し、1944年に京都帝国大学教授となり、1945年応召を前に『科挙』を著した。1958年『九品官人法の研究―科挙前史』で日本学士院賞を受賞。1989年(平成1)文化功労者となる。東洋史の展開を世界史の普遍的な展開のなかでとらえた研究は『アジア史論考』にまとめられた。著書に『謎の七支刀』『古代大和(やまと)朝廷』など。平成7年5月24日没。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮崎市定の関連キーワード岩井大慧池田温大塚恭男大庭脩滋賀秀三斯波義信曾我部静雄田仲一成増井経夫間野英二

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮崎市定の関連情報