コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮崎市定 ミヤザキイチサダ

百科事典マイペディアの解説

宮崎市定【みやざきいちさだ】

東洋史学者。長野県生れ。京都帝国大学文学部卒。内藤湖南桑原隲蔵羽田亨狩野直喜らに師事。1944年−1965年京大教授。研究対象は宋代を中心に,古代から近世まで及び,政治・経済・社会の各分野で優れた業績がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮崎市定 みやざき-いちさだ

1901-1995 昭和-平成時代の東洋史学者。
明治34年8月20日生まれ。内藤湖南,桑原隲蔵(じつぞう)にまなぶ。昭和19年京都帝大教授。中国を中心にひろくアジア史を研究,独自の体系をきずく。33年「九品官人法の研究」で学士院賞。平成元年文化功労者。平成7年5月24日死去。93歳。長野県出身。京都帝大卒。著作に「東洋における素朴主義の民族と文明主義の社会」「中国史」「史記を語る」「アジア史研究」など。
【格言など】人類は競争によって,その文明が進歩したことは見逃すことのできない事実である(「アジア史概説」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みやざきいちさだ【宮崎市定】

1901~1995) 東洋史学者。長野県生まれ。京大教授。宋代を中心とする中国史、アジア史を研究。著「九品官人法の研究」「中国史」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮崎市定
みやざきいちさだ
(1901―1995)

東洋史学者。長野県生まれ。1925年(大正14)京都帝国大学東洋史学科を卒業し、第六高等学校、第三高等学校の教授を経て、1935年(昭和10)京都帝国大学助教授となる。内藤湖南、桑原隲蔵(くわばらじつぞう)に師事。1936年から2年間ヨーロッパに留学、その間にトルコ、シリア、イラク、エジプトを旅行して『菩薩蛮記(ぼさつばんき)』を著し、1944年に京都帝国大学教授となり、1945年応召を前に『科挙』を著した。1958年『九品官人法の研究―科挙前史』で日本学士院賞を受賞。1989年(平成1)文化功労者となる。東洋史の展開を世界史の普遍的な展開のなかでとらえた研究は『アジア史論考』にまとめられた。著書に『謎の七支刀』『古代大和(やまと)朝廷』など。平成7年5月24日没。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

宮崎市定の関連キーワードシャバンヌ(Emanuel Edouard Chavannes)桑原隲蔵(くわばらじつぞう)按察使(旧中国の地方官)市川 左団次(3代目)道(地域区分)内閣(中国)朝貢貿易制度宮崎 市定コルディエ8月20日文献通考岡崎文夫矢野仁一殿閣学士総督巡撫那珂通世九品中正ヒルト呂振羽佐伯富

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android