呂調(読み)りょちょう

精選版 日本国語大辞典「呂調」の解説

りょ‐ちょう ‥テウ【呂調】

〘名〙 雅楽で、呂旋の音階に基づいた調子。六調子のうちの壱越(いちこつ)調・双調・大食調。律調に対していう。
※古典と現代文学(1955)〈山本健吉〉抒情詩の運命「調のものは律に反していおさめるという約束があった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android