和布刈(り)の神事(読み)メカリノシンジ

デジタル大辞泉の解説

めかり‐の‐しんじ【和布刈(り)の神事】

山口県下関市の住吉神社と、福岡県北九州市の和布刈神社で、陰暦の大晦日(おおみそか)から元旦にかけて行われる神事。夜中の干潮時に神官が海に入ってワカメを刈り取り、神前に供える。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

めかり【和布刈】 の 神事(しんじ)

福岡県北九州市の和布刈神社および山口県下関市の住吉神社で毎年旧暦大晦日の夜半から元日の未明にかけて、干潮になると神官が松明(たいまつ)をともして海にはいり、海底の若布一ふさを刈り取って、元日の朝、神前に供える神事。めかり。《季・冬》
※光悦本謡曲・和布刈(1539頃)「長門国はやともの明神につかへ申神職の者にて候。も当社において、御さいさまさま御座候中にも、十二月みそかの御神事をばめかりの御神事と申候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android