コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和平建国綱領 わへいけんこくこうりょうHe-ping jian-guo gang-ling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和平建国綱領
わへいけんこくこうりょう
He-ping jian-guo gang-ling

1946年1月 31日,中国の国民党,共産党および民主諸党派が重慶で開いた政治協商会議で可決された5つの決議の一つ。抗日戦争終了後の中国の和平建設にあたり,基本的な政策を示したもの。内容は,(1) 総則,(2) 人民の権利,(3) 政治,(4) 軍事,(5) 外交,(6) 経済,財政,(7) 教育,文化,(8) 善後救済,(9) 在外華僑に関する事業の9章から成る。ここには多くの民主的な政策が盛込まれていたが,国民党は,この綱領およびその他の政治協商会議を破棄して,全面的内戦を開始した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

和平建国綱領の関連キーワードキング・クリムゾンマキノ雅広イタリア映画新藤兼人新日本文学生活保護戦争放棄トルンカホログラフィック・アートマンキウィッツ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android