コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

哺乳瓶 ほにゅうびん

大辞林 第三版の解説

ほにゅうびん【哺乳瓶】

乳児にミルクを与えるのに用いる瓶。瓶の口にゴムなどで作った乳首をつけ、乳児にくわえさせる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほにゅう‐びん【哺乳瓶】

ミルクなどを入れて乳児に飲ませるためのびん。の口に、ゴムなどで作った乳首状の器具を取り付けたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

哺乳瓶
ほにゅうびん

乳汁を与える際に用いられる器具。ガラス製、プラスチック製、目盛りのついたもの、つかないもの、広口のもの、細口のものなど、形や材質にさまざまな種類がある。それぞれに特徴があるが、煮沸消毒できること、透明で汚れがはっきりわかること、凹凸がなくて内部がよく洗えること、広口で粉ミルクを入れやすいこと、瓶は軽くて壊れにくいもの、空気の流通のよいもの、乳首はゴム質がよく、引っ張っても外れないもの、などの条件が満たされることが望ましい。[山崖俊子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

哺乳瓶の関連キーワード混合栄養(育児)ミルトンの日しゃぶり付く哺乳瓶う蝕人工栄養混合栄養退行現象ニップル育児授乳洗浄哺乳

哺乳瓶の関連情報