唐松岳(読み)カラマツダケ

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県(富山県)〕唐松岳(からまつだけ)


長野・富山県境、飛騨(ひだ)山脈(北アルプス)の後立山(うしろたてやま)連峰北部の一峰。標高2696m。北へ延びる尾根筋に後立山縦走の最大の難所とされる不帰嶮(かえらずのけん)がある。中部山岳(ちゅうぶさんがく)国立公園に属する。山頂から東へ延びた八方(はっぽう)尾根の東腹は日本を代表する山岳スキー場として有名。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の唐松岳の言及

【八方尾根】より

…長野県北西部,飛驒山脈後立山(うしろたてやま)連峰の唐松岳(2696m)から東方にのびる尾根。スキー場として開発され,ふもとの北安曇(きたあずみ)郡白馬(はくば)村八方(細野)から,全長2kmのロープウェーと750mのリフトが設けられている。…

※「唐松岳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

唐松岳の関連情報