コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後立山連峰 うしろたてやまれんぽう

3件 の用語解説(後立山連峰の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後立山連峰
うしろたてやまれんぽう

飛騨山脈のうち,黒部川の峡谷によって立山連峰とへだてられて,富山と長野の県境に連なる連峰。北は富山,長野,新潟3県境にある白馬岳から,南は針ノ木峠付近までを含む。一帯は中部山岳国立公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

後立山連峰【うしろたてやまれんぽう】

富山県側から見て立山の背後に連なる飛騨山脈中の連峰。南から針ノ木岳,赤沢岳,鳴沢岳,爺ヶ岳鹿島槍ヶ岳五竜岳唐松岳,北端の白馬岳(しろうまだけ)など3000mに近い山々であるが,範囲は明瞭でない。
→関連項目青木湖八方尾根

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うしろたてやまれんぽう【後立山連峰】

飛驒山脈の北東部,黒部川中流部(黒部峡谷)の東側を南北にはしる連峰で,主稜線が長野県と富山県の県境をなす。名称は富山県側からみて立山のうしろにあることによる。最高峰白馬岳(2933m)から南へ,五竜岳鹿島槍ヶ岳を経て針ノ木岳までを指すことが多いが,朝日岳を北限とすることもある。東側の山麓をフォッサマグナ西縁の断層がはしり,東斜面に急崖が連なっている。【小疇 尚】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

後立山連峰の関連情報