後立山連峰(読み)うしろたてやまれんぽう

世界大百科事典 第2版の解説

飛驒山脈の北東部,黒部川中流部(黒部峡谷)の東側を南北にはしる連峰で,主稜線が長野県と富山県の県境をなす。名称は富山県側からみて立山のうしろにあることによる。最高峰の白馬岳(2933m)から南へ,五竜岳鹿島槍ヶ岳を経て針ノ木岳までを指すことが多いが,朝日岳を北限とすることもある。東側の山麓をフォッサマグナ西縁の断層がはしり,東斜面に急崖が連なっている。【小疇 尚】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後立山連峰の関連情報