立山連峰(読み)たてやまれんぽう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富山県東部,飛騨山脈のうち黒部川によって東西に区切られた西側の支脈。東側の主脈は後立山連峰と呼ばれる。南は三俣蓮華岳(2841m)から北へ薬師岳(2926m),浄土山(2831m),雄山(3003m),大汝山(3015m),剱岳(2999m)と,3000m級の高峰が続き,北端の毛勝山(2415m),駒ヶ岳(2002m),僧ヶ岳(1855m)にいたる。山頂付近に氷河地形が見られ,薬師岳のカール群(圏谷群。国指定特別天然記念物),大汝山の山崎カール(山崎圏谷。国指定天然記念物)のほか,剱岳東側の懸垂氷食谷群(→氷食谷)などが特に知られる。一部は中部山岳国立公園僧ヶ岳県立自然公園に属する。大汝山,雄山,浄土山は立山三山と呼ばれる。(→立山

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

立山連峰の関連情報