コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立山連峰 たてやまれんぽう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立山連峰
たてやまれんぽう

富山県東部,飛騨山脈のうち黒部川によって東西に区切られた西側の支脈。東側の主脈は後立山連峰と呼ばれる。南は三俣蓮華岳(2841m)から北へ薬師岳(2926m),浄土山(2831m),雄山(3003m),大汝山(3015m),剱岳(2999m)と,3000m級の高峰が続き,北端の毛勝山(2415m),駒ヶ岳(2002m),僧ヶ岳(1855m)にいたる。山頂付近に氷河地形が見られ,薬師岳のカール群(圏谷群。国指定特別天然記念物),大汝山の山崎カール(山崎圏谷。国指定天然記念物)のほか,剱岳東側の懸垂氷食谷群(→氷食谷)などが特に知られる。一部は中部山岳国立公園僧ヶ岳県立自然公園に属する。大汝山,雄山,浄土山は立山三山と呼ばれる。(→立山

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

立山連峰の関連キーワード牛岳パノラマオートキャンプ場 きららとなみ夢の平スキー場映画劔岳 点の記朝日県立自然公園薬師岳・薬師嶽大日岳・大日嶽鹿島槍ヶ岳立山[町]黒部五郎岳四ヶ城盆地山岳警備隊劒岳・剣嶽野口五郎岳富士ノ折立弥陀ヶ原小蓮華山八方尾根呉羽丘陵曽良地区黒部峡谷

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

立山連峰の関連情報