唐糸草(読み)カライトソウ

デジタル大辞泉の解説

からいと‐そう〔‐サウ〕【唐糸草】

バラ科の多年草高山自生する。高さ40~80センチ。葉は楕円形の小葉からなる羽状複葉。夏、枝の先に、紅紫色の花が穂状につき、穂先が垂れる。花びらがなく、長い雄しべが糸状に伸びる。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

からいとそう【唐糸草】

バラ科の多年草。本州の高山に自生、また観賞用に植える。花茎は高さ約90センチメートル。根生葉は大きく、茎葉は小形。八、九月、数個の長い花穂を枝先に下垂し、紅紫色の花をつける。糸状の花糸を絹糸に見立てた名称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

唐糸草 (カライトソウ)

学名:Sanguisorba hakusanensis
植物。バラ科の多年草,高山植物,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

からいと‐そう ‥サウ【唐糸草】

〘名〙 バラ科ワレモコウ属の多年草。本州中部の日本海側の高山帯や草地に生える。高さ五〇~九〇センチメートル、茎は直立し、全草無毛で、地下に太い根茎をもつ。葉は長い柄のある奇数羽状複葉で根際からまばらに生える。小葉は長さ五~九センチメートルの楕円形で五~六対あり、縁にあらい鋸歯(きょし)がある。八月に、茎の先に長さ一〇センチメートル以上になる大形の紫紅色の穂状花序が垂れ下がり、先端から咲き始める。糸状の花糸が紫紅色で美しいことから、中国渡来の絹糸になぞらえてこの名がある。とううちそう。《季・夏》

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android